学生で知らないのはやばい?じゃんけん必勝法!?
若者ライフ
「辛すぎる現代」を生きる若者のあなたと
お得に生きる方法をシェア
確率・統計

学生は知らなきゃ損するぞ!じゃんけんの勝ち方を1から10まで解説

高校2年生ユウ
高校2年生ユウ
荷物持ちじゃんけんでまた負けた・・毎日負けてるんだけど、なんでやねん
社会人2年レイ
社会人2年レイ
そんなに負けまくってるのか。じゃんけんの勝ち方を上げるためになんかやってる?
高校2年生ユウ
高校2年生ユウ
じゃんけんに必勝法なくね!?
社会人2年レイ
社会人2年レイ
じゃんけんには100%の必勝法は確かにない。だが、明らかに勝つ確率を上げる方法はあるぞ??

荷物持ちじゃんけんジュースじゃんけん席決めジャンケンなどなど、中学生、高校生、大学生だとなんでもジャンケンで決めがちです。

意外にも人生で何百回、何千回もジャン・ケン・ポンとやるわけですが、じゃんけんの勝つコツを知らないまま生きいくのは明らかに損ですよ??

ということで今回は、ちょっとでも有利になるためのじゃんけんの勝ち方について紹介していきます!

じゃんけんの勝ち方|勝率上げる2つのルールとは?

私が実際にやっているじゃんけんの勝ち方には、基本となるたった2つのルールがあります(周りの人に言うと通用しなくなるので絶対に言いません。ここだけの話ですよ)

じゃんけんの勝ち方
  1. 勝率が高い順にパー、チョキ、グー
  2. あいこになったら同じ手は出にくい

①の理由は、普通にじゃんけんをすると、人間は最もグーを出しやすく、次にパー、最後にチョキとなるからです。なので、『パー』が一番強いです!!

グー パー チョキ
手の形 簡単 普通 難しい
気持ち テンション高い&力強い ナチュラル 冷静
出やすさ 一番出やすい 普通 一番出にくい

②の理由は、人間は同じ手を二回続けて出さないことが多いからです。あいこになったら必ず負ける手を出しましょう!

例えば、チョキであいこになった場合、次は『グー』か『パー』の2つになる確率が高いです。なので、『パー』を出しとけば『勝ち』か『引き分け』にしかなりません。

じゃんけん勝ち方|最初はグーで始まる場合

しか~し、ここで注意すべきことがあります!

『最初はグー~~』と言う大きな掛け声が入った場合、勝つ確率が高まるのは、『チョキ』です!

何故なら、『最初はグー』からスタートする場合は、みんな『グー』を出さなくなるからです。

そのため、『チョキ』と『パー』が出やすくなり、『チョキ』を出しとけばとりまOKみたいな感じになります。

じゃんけん勝ち方|2人(一対一)バージョン

一対一の2人でやる場合のじゃんけんの勝ち方ですが、次の4個のルールを使います

2人バージョン
  1. 『俺、パー出すからよろしく』と言う
  2. 自分から『最初はグー~』の掛け声を普通のスピードで言う
  3. 1手目は『チョキ』を出す
  4. 2手目からは『パー』⇒『グー』⇒『チョキ』の順で出す

1の宣言は後でくわしく書きます。結構ややこしいので。

2の最初はグーの掛け声は自分がいうことで、『グー』が出る確率を減らせます。

ここでワンポイントとして、この掛け声が早すぎると簡単に出せる手の形のグーが出てしまうことがあるので、普通くらいのスピードで言うようにしましょう。

これをやれば『チョキ』の勝率が十分高まっているので、『チョキ』で勝負しにいきます。あいこになったら負ける手の『パー』を出します。あとは負ける手を出し続けます。

じゃんけん勝ち方|3人バージョン

3人でやる場合のじゃんけんの勝ち方ですが、次の4個のルールを使います

3人バージョン
  1. 『俺、パー出すからよろしく』と言う
  2. 自分から『最初はグー~』の掛け声を普通のスピードで言う。
  3. 1手目は『チョキ』を出す
  4. 同じ手であいこ ⇒ 負ける手を出す
    違う手であいこ ⇒ 他2人が出した手で弱い方を出す

はい、3人の場合も基本は2人の時と同じです。

しかし、違うのは3人の時は『グー』、『チョキ』、『パー』のあいこになることがあることです。結論から言うと、他2人が出している手のうち、弱い方を出せばいいです。

3人じゃんけんバラバラあいこにおける勝つコツを徹底解説

3人でじゃんけんした際の『グー』、『チョキ』、『パー』といったバラバラあいこになった場合の勝つコツについての徹底解説です。

具体例を挙げるとこんな状況です。

自分 Aさん Bさん
今出した手 パー チョキ グー
次の候補 グー チョキ
次の候補 パー パー

こういう状況の時は、他2人の手の内、弱い方の『チョキ』を出しましょう(結論)。

何故かというと、あいこのところで解説したとおり、同じ手は2回続けて出にくいことから、相手の次の候補が絞られるからです。

上の表をみると他2人がパーを出す可能性が高いことが分かりますね、そうなった時にチョキを出しておけば勝てます。

 

もっと詳細を解説すると、この次の展開で考えられるのは

自分 Aさん Bさん
パターン1 チョキ グー チョキ
パターン2 チョキ グー パー
パターン3 チョキ パー チョキ
パターン4 チョキ パー パー

の4パターンとなります。なのでチョキを出しておけば、勝ち50%(1人勝ちパターン有)、引き分け25%、負け25%で非常に有利です。

他の手を考えてみると『グー』は勝ち25%(但し2人残り)、引き分け25%、負け50%です。

『パー』の場合は、勝ち25%(但し2人残り)、引き分け50%、負け25%です。

どう考えてもチョキが有利ですよね。

つまり、3人じゃんけんでバラバラあいこの時は、他2人の手で弱い方を出せばじゃんけんの勝つ確率が高まることになります。

じゃんけん勝ち方|4人以上の大人数バージョン

4人や5人といった大人数でやる場合のじゃんけんの勝ち方ですが、次の4個のルールを使います

大人数バージョン
  1. 『俺、パー出すからよろしく』と言う
  2. 自分から『最初はグー~』の掛け声を普通のスピードで言う。
  3. 1手目は『チョキ』を出す
  4. あいこになったら、一番多い手に負ける手を出す

4人以上の場合も1~3までは2人対戦、3人対戦の時と変わりません。

違うのは、あいこのパターンとして、『グー』、『グー』、『グー』、『チョキ』、『パー』などの同じ手がたくさん出るパターンがあることです。

これはじゃんけんを勝ち方の基本である、同じ手は出にくいを使えばわかりやすいです。

例えば5人でのじゃんけんで『グー』×3、『チョキ』、『パー』の場合、次に『グー』が出る確率は全体としては低くなります。なので、グーに負ける手の『チョキ』を出せば勝ちやすくなるということです。

じゃんけん勝ち方|〇〇を出すと宣言すればいい

unknown
unknown
俺、次グー出すから

たまに『俺、次グー出すから』とか言い出すやつがいますね。この宣言じゃんけんについてですが、実はかなり勝率を高めることができますよ。

やり方としては、宣言した手に勝つ手を出すことです。

例えば『グーを出す』と宣言して『パー』を出すことです。

なぜこれでいいかというと、『グーを出す』と聞いた相手は、それを信じるか信じないかの2つに1つを迫られるので、

  • 信じた場合⇒『パーを出す』
  • 信じない場合⇒『グーを出す』(チョキを出されたら負けるので)

という思考になります。なので、相手が出すのは『パー』か『グー』になります。

だいぶややこしいですが、宣言を利用する場合は、こちらが言った手に勝つ手を出せばいいです。

じゃんけん必勝法|心理学から見ると?

unknown
unknown
手の内は知られたくない!

じゃんけんの勝ち方ですが、実は心理学や統計学を使っています。人は何か勝負ごとをする時、自分が何を出すかをできるだけ隠そうとします。

この理論をじゃんけんで用いると、

じゃんけん心理
  1. 『最初はグー』と言う⇒『グー』は知られてしまったから出したくないな・・『チョキ』と『パー』を出そうと無意識になる
  2. 『あいこになる』⇒『今出した手』は知られてしまったから2回続けては出したくないな・・と無意識に同じ手を出さなくなる

ということがわかります。なので、先に解説したような方法でじゃんけんの勝率を上げることができるわけですね。

男気じゃんけんの場合どうする?

男気じゃんけんをあなたは知っていますか??

男気じゃんけんとは、勝った人が全て奢るというじゃんけんのことです。つまり、できれば勝たないようにしたいじゃんけんということです(本当に男気に溢れている方は上のじゃんけん勝ち方をマスターしてくださいな)。

 

男気じゃんけんの場合、どうすればいいか?今までのじゃんけん必勝法を全て逆にすればいいです。が、結構ややこしいいですよね。

男気じゃんけんは多人数でやることが多いので、4人以上を前提として次のような戦略をとります。

大人数バージョン
  1. 『俺、チョキ出すからよろしく』と言う
  2. 自分から『最初はグー~』の掛け声をゆったりとしたスピードで言う。
  3. 1手目は『パー』を出す
  4. あいこになったら、一番多い手に勝つ手を出す

まず、宣言はチョキ出すと言います。相手には信じてパーを出してもらうか、信じずにチョキを出すことを選んでもらいましょう。

次の「最初はグー」ですが、ゆったりとしたスピードで言うことで相手に『チョキ』を出してもらいます。

相手にチョキを出してもらうように誘導したうえで、『パー』を出して負けに行きます。グーは出にくくなっているので、まず勝てないでしょう。

あいこになったら、同じ手は2回続けて出にくいルールを使って、一番多い手に勝つ手を出しましょう。かなり勝てなくなります。

じゃんけん必勝法の落とし穴とは?

最後にじゃんけん必勝法の落とし穴についてです。

じゃんけん必勝法の落とし穴はズバリ、この必勝法を知っている相手には通用しないor逆手に取られて必ず負けるまであります。

今回紹介しているのは、人間の本能的な心理に基づいたじゃんけんで勝つ確率を上げるコツですので、相手が意識的に手を出している場合は意味がありません。

つまり、相手が賢そうな人の場合は、裏をかかれることもあると考え、ランダムに出すという方法もとるようにしましょう

こっちが一定のルールで手を出していることがバレると、それはあなたの必敗法になってしまいますからね。ご注意を!

じゃんけんの勝ち方まとめ

今回は中学生、高校生、大学生が学校で使える、じゃんけんの勝ち方について解説してきました!

じゃんけんの勝ち方のコツを3行にまとめたのがこちらです

勝ち方の3行まとめ
  1. パー、グー、チョキの順に出せ!
  2. あいこになったら負ける手を出せ!
  3. 人は手の内を無意識に隠したがるぞ!
高校2年生ユウ
高校2年生ユウ
やべえ!今すぐじゃんけんやりたくなってきた!明日はぜってぇ勝つぞー!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。